産後できてしまった妊娠線をケアする方法を調べまとめました!

産後の妊娠線を消す方法ってあるの?

妊娠線は「消えない」と言われるけど本当?

妊娠線は一度できてしまうと消えることはないので、できる前にケアしなければ!というのが一般的な見解ですよね。しかしどんなにパーフェクトにケアしていたつもりでも、思わぬところにできてしまったり、気がついたらできていたりするのが妊娠線です。では一度できてしまった妊娠線は絶対に消すことはできないのでしょうか

この答えはイエスでもありノーでもあると言えます。出産後のケアによっては薄くなった、目立たなくなった、という結果報告もあります。では、産後の妊娠線ケアに有効とされている方法にはどんなものがあるのかを見てみましょう。

妊娠線を消す方法をご紹介!

瘢痕修正術 いわゆる外科手術です。妊娠線ができた部分を切開して、亀裂が起こっている部分が見えないように縫い合わせるものですが、妊娠線でできた亀裂の幅がそれぞれ1本の細い線の傷跡に変わるだけ、とも言えます。また、術後は細菌感染にも注意が必要です。
ダーマローラー ダーマローラーとは、髪の毛よりも細い針が数百本付いたローラーを患部の上で転がして表皮や真皮に無数の傷をつけ、その傷を治そうと働く肌の再生力を利用した治療法です。ニキビ跡やシミや毛穴の引き締めなどによく利用されます。自宅でもできますが、ダウンタイムや炎症、色素沈着などのリスクがあることも把握しておきましょう。
保湿クリーム 妊娠線予防対策として市販されているクリームはそのまま産後のボディケアとしても使えます。妊娠線ができている、すなわち皮下組織が傷ついた状態の肌に必要なのは、妊娠中と同じく保湿です。ただし、妊娠中にたくさんぬったのに妊娠線ができてしまったという場合は、産後に同じクリームを使い続けていてもできてしまった妊娠線に効果が期待できるかどうかはわかりません。自分の状態に合ったものを選ぶことが重要です。
レーザー治療 妊娠線ができている部分にレーザーを照射することでコラーゲンの再生、皮下脂肪の分解、皮膚の引き締め効果などを促すことを目的とした治療です。一度の施術時間は短いですが、しばらくの間通って何度も治療を受ける必要があります。

最適なのはやっぱり保湿ケア

出産という大仕事を終えた身体にメスを入れたり傷をつけたりするというのは非常に大きなリスクを伴います。また、それだけのリスクを負っても妊娠線がキレイに消えなかった、火傷や別の傷跡が残ってしまった、ということもあります。やはりできてしまった妊娠線ケアにはコスト面・安全面の両方を考えると、保湿力の高いボディクリームが最適だと言えるのではないでしょうか。

妊娠中に使っていた敏感なお肌のために作られた専用のクリームは、保湿力が高く低刺激なので産後のアフターケアにも最適です。産後新たに別のボディクリームを探したり試したりする手間を考えると、産前愛用していたものをそのまま使い続けるほうが断然オススメです。

クリームは少しずつ表面から身体に働きかけるため、効果を実感できるまでに時間がかかります。毎日自分だけのリラックスタイムをほんの数分でも確保して、クリームをぬったりマッサージしたりしながら、産後の身体の回復に合わせて少しずつケアを行っていくのが心にも身体にもいいのではないかと思います。出産前後長く使えるお気に入りのクリームをぜひ見付けて下さいね。

口コミで評判の妊娠線ケアクリームTOP3
総合評価第1位
ナチュラルマーククリーム

肌なじみが良くベタつかない使い心地で抜群の保湿力を持つ妊娠線ケア専用のクリーム。新生児にも使えるほど低刺激。

総合評価第2位
オーガニックマドンナ ボディセラムスーペリア

ぬるだけで肌のキメとハリをキープすることができるオーガニック・天然由来成分を主成分とする高品質保湿クリーム。

総合評価第3位
クラランス ストレッチマーク ボディ クリーム

肌に潤いを与える植物由来の天然成分を豊富に含んだボディクリーム。妊娠線対策にはマッサージクリームとしても◎。

ページのトップへ