産後の敏感肌や妊娠線など、産後の正しいスキンケア方法について詳しく調べまとめました!

妊娠線に敏感肌、産後の正しいスキンケア

産後のお肌の状態

妊娠中はホルモンバランスが乱れ、出産に向けて身体の状態が大きく変化します。そして出産という大きなイベントを終えた後、お母さんの身体はまさに満身創痍と言われる状態ですが、その後子宮は出産直後から急速に収縮し始めて約6週間でもとの大きさに戻り、大量に分泌されていた女性ホルモンの量も減少していきます。これらはすべて回復に向かうがゆえのことなのですが、ここでまた妊娠したときと同様に急激に身体の変化が起こることによって、身体のあちこちに痛みや不調が発生し、肌のバリア機能が低下して様々な肌トラブルが起こります

そんな状態であるにも関わらず、産後は間髪入れずに育児が始まるため、お母さんはこの体調の激変時にゆっくり休むこともできません。新生児の世話は24時間片時も気が抜けないため、体調が本調子でない上に緊張状態が続き、睡眠時間も十分に取れません。スキンケアをする時間があるならその分少しでも眠りたいと思う人も多いでしょう。こうして、出産を終えた後は様々な肌トラブルに見舞われることになります。

産後起こりやすいお肌のトラブル

では、主に産後に起こりやすい肌トラブルにはどのようなものがあるか、それぞれの原因と共に見てみましょう。

肌荒れ 妊娠中に起こったホルモンバランスの変化は産後もとに戻っていきますが、完全にもと通りになるまでには時間がかかります。その間はホルモンバランスが乱れた状態が続くため、乾燥肌や敏感肌などの症状となって表れることも多いようです。さらにこの状態は産後の睡眠不足や精神的な緊張、疲労などによってさらに悪化します。
シミ、くすみ、乳首の黒ずみ 妊娠中にホルモンバランスが変化することによって起こりますが、産後1〜2ヶ月で薄くなる、あるいは消える場合が多いようです。ただ授乳を行った場合、乳首の黒ずみはなかなか治りませんが、それも授乳期間が終わると自然に薄くなっていきます。
妊娠線 妊娠中期から後期にかけて、あるいは最後の数週間でできることもあります。原因は肌の乾燥・伸びやホルモンバランスの変化ですが、産後も完全に消えることはありません。
湿疹、蕁麻疹 産後に体力や免疫力が落ちているところに疲労や睡眠不足が重なることで湿疹や蕁麻疹が出ることがあります。妊娠中の湿疹は産後消失することが多いですが、産後の湿疹や蕁麻疹については、経過や対策などの詳細は明らかになっていません。

産後スキンケアのポイント

産後の忙しい時期にスキンケアの時間を確保するのはなかなか難しいことですが、かといって完全にあきらめてしまっては、さらなるストレスや体調不良につながりかねません。ゆっくりとお風呂に入った後に化粧水で肌を整え、乳液とクリームをしっかりつけてマッサージした後にオイルで仕上げる、などという時間は絶対に取れない分、とにかく保湿ケアだけはしっかりやりましょう。さっと塗ることができるオールインワンタイプのクリームは強い味方になります。

さらにこの時期、自分がしっかり栄養を摂るための食事をゆっくり作る時間は全然ありませんが、食事で摂れないならばサプリでも構いません。ビタミンCやEを積極的に摂取するよう心がけることで肌調子の回復が早まります。睡眠時間を十分に確保することも時に困難な時期ですが、少なくとも22時〜2時の間はできるだけ眠るようにしましょう。

お母さんは子どものことを考えて自分のことをおろそかにしがちです。でもこうして少しだけでも自分の体調のために時間や気持ちを割くことによって、結果的に体調や肌の調子がよくなれば、翌日はもっと気持ちよく子どものためにがんばることができます。これは子どもが少しずつ大きくなっていった後も変わらないことだと思いますので、子どもを育てると同時に、自分をしっかり大切にする力も身につけていきましょう。

口コミで評判の妊娠線ケアクリームTOP3
総合評価第1位
ナチュラルマーククリーム

肌なじみが良くベタつかない使い心地で抜群の保湿力を持つ妊娠線ケア専用のクリーム。新生児にも使えるほど低刺激。

総合評価第2位
オーガニックマドンナ ボディセラムスーペリア

ぬるだけで肌のキメとハリをキープすることができるオーガニック・天然由来成分を主成分とする高品質保湿クリーム。

総合評価第3位
クラランス ストレッチマーク ボディ クリーム

肌に潤いを与える植物由来の天然成分を豊富に含んだボディクリーム。妊娠線対策にはマッサージクリームとしても◎。

ページのトップへ