産後のトラブルは妊娠線以外にもいろいろあります【体毛編】

妊娠線以外の産後のトラブル、いろいろ【体毛編】

体毛が濃くなった?

妊娠中は体毛が濃くなる、という話を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?実は産後も体毛の濃さに悩まされることがあるのです。その原因はホルモンバランス。皆さんも幾度となく耳にしているキーワードだと思いますが、産後の体毛にもやっぱり関係がありました。

男性も女性も、体の中には男性ホルモンと女性ホルモンの両方が存在していて、それぞれ体に下記のような作用をもたらします。

<男性ホルモン>
筋肉質のある体つきにする・体毛を濃くする
<女性ホルモン>
丸みのある体つきにする・体毛を薄くする

つまり男性は男性ホルモンのほうが多く、女性は女性ホルモンのほうが多いということが分かりますね。

妊娠中は女性ホルモンが大量に分泌されますが、男性ホルモンのアンドロゲンもまた増加します。しかし増加した女性ホルモンは赤ちゃんの体に行きわたるので、母体のほうは男性ホルモンの割合が多くなります。これによって妊娠中は体毛が濃くなるのです。

産後はこのホルモンバランスが元の状態に戻っていくのですが、中には産後も男性ホルモンが活発に分泌されてしまうことがあり、そのために体毛が濃くなってしまうとされています。しかしこれは産後半年~1年程度で元の状態に戻りますのであまり深く考えなくてもよいでしょう。産後のお肌はとてもデリケートなので、カミソリによる自己処理やサロン脱毛はしばらくしないほうがよいのですが、どうしても気になるのであればお肌に負担の少ない電気シェーバーで処理するといいですね。

髪の毛が抜ける・薄くなる

産後の抜け毛・薄毛にショックを受ける女性は多いもの。これもやっぱりホルモンが関係していました。前項でも書きましたが、妊娠中は女性ホルモンがたくさん分泌されます。 女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2種類があるのですが、エストロゲンには髪の成長を促す働きがあり、プロゲステロンには育毛を維持するような働きがあります。つまり女性ホルモンが大量に分泌されている妊娠中は、髪の毛が増えて抜けにくくなるということですね。

しかし産後はこの女性ホルモンが急激に減少してしまうため、妊娠中は抜けなかった髪が一気に抜けてしまうのです。ちなみに女性ホルモン減少の影響が髪の毛に出始めるのは産後2~3ヵ月。そのため産後抜け毛のピークは産後2ヵ月~半年です。 このホルモンバランスの変化による抜け毛は1年~1年半ほどで自然と治まりますが、産後の抜け毛・薄毛には睡眠不足やストレス、母乳育児による髪への栄養不足なども影響します。育児をしているとなかなか生活習慣を整えることは難しいですが、育毛効果のあるシャンプーや体の内側から栄養を補給する育毛サプリメントなどを併用するのも手です。

くせ毛になった・剛毛になった

産後のひどい抜け毛がようやく治まってきた!と喜んでいたら、生えてきたのは以前には見られなかったようなウネウネのくせ毛・・・。このように、産後に髪質が変わってしまったと感じる女性がいます。出産を機に髪質が変わってしまうなんてことが本当にあるのでしょうか?

髪の毛の質というのは、十分な栄養と睡眠によって保たれます。しかし産後は育児に追われバランスの良い食事をとれなかったり、授乳によって髪の栄養に欠かせないビタミン・ミネラル・タンパク質などが不足してしまうことがあるのです。また睡眠不足は髪を作る元となる成長ホルモンの分泌を減らしてしまいます。そして前項でお話ししたような女性ホルモンの急激な減少・・・。これらの原因によって髪の質が保たれず、パサパサになったりうねったりと髪質の変化とも考えられる現象が起きるのです。 ホルモンバランスが元に戻り体の調子も安定してくる産後1年前後で髪質も改善してくることが多いようですが、早く改善させたい場合にはバランスのよい食事や睡眠を心がけるようにしてくださいね。

口コミで評判の妊娠線ケアクリームTOP3
総合評価第1位
ナチュラルマーククリーム

肌なじみが良くベタつかない使い心地で抜群の保湿力を持つ妊娠線ケア専用のクリーム。新生児にも使えるほど低刺激。

総合評価第2位
オーガニックマドンナ ボディセラムスーペリア

ぬるだけで肌のキメとハリをキープすることができるオーガニック・天然由来成分を主成分とする高品質保湿クリーム。

総合評価第3位
クラランス ストレッチマーク ボディ クリーム

肌に潤いを与える植物由来の天然成分を豊富に含んだボディクリーム。妊娠線対策にはマッサージクリームとしても◎。

ページのトップへ