妊娠線はぜできるのか、その原因と予防方法について詳しく調べまとめました!

妊娠線はぜできる?原因を知って予防しよう!

妊娠線ができるメカニズム

妊娠中に皮膚にできる割れ目のような線のことを妊娠線と言います。仕組みとしては成長期やダイエットなど急激な体重の増減によって起こる肉割れと同じで、これらを称してストレッチマークと呼ぶこともあります。正式には線状皮膚萎縮症と言うそうです。

皮膚はいちばん上、あるいは外側から「表皮」「真皮」「皮下組織」という三層構造になっていますが、このなかの「表皮」はターンオーバーのサイクルも短めで、収縮性が比較的強い構造になっています。ところがその下の「真皮」を作る繊維芽細胞は代謝に時間を要し、さらに「真皮」「皮下組織」ともに厚みがあるため「表皮」よりも伸びにくくできていて、再生力が低いのが特徴です。赤ちゃんの成長と共にどんどん大きくなるお腹にあわせて「表皮」は伸びていくことができますが、「真皮」や「皮下組織」は伸びが追いつかずに断裂してしまうことがあります。そしてこの断裂した部分に表皮が落ち込むため、皮膚表面が凸凹になります。これが妊娠線です。

出典:http://妊娠線消える.com/ninshinsen-yobou-hoshitsu.html

裂けた部分の毛細血管が表皮を通して透けて見えるため最初は赤色や赤紫色の線ができたように見えますが、時間が経つにつれて色は薄くなり、最終的には白くなったり周囲の皮膚と同じような色になったりしますが、完全には消えません

皮膚表面、すなわち表皮に切り傷を負って血が出ても、そのうちかさぶたになって最終的にはきれいになりますよね。ところが傷が深いと痕が残ってしまいます。この違いは傷が真皮や皮下組織にまで及んでいるかどうかなのですが、なぜ表皮の傷はきれいに治るのかというと、それはターンオーバーのサイクルが短いから。そもそも真皮や皮下組織は代謝が遅い上に、妊娠中はこの大切なターンオーバーを抑制させるステロイドホルモンが分泌されているため、肌の再生力は普段よりもさらに弱くなっているのです。

妊娠線を予防する方法

妊娠線は一度できると自然治癒することはないと言われています。また、治療するにしても、できてしまった妊娠線にいくら専用クリームをぬっても効かなかった、あるいはちょっと薄くなりはしたけど消えなかった、という声をよく聞きます。つまり、妊娠線はできる前に予防するしか今のところ有効な手立てがない、ということですね。まれにできたあとの対処で消えたという人がいたとしても、その少ない可能性にかけるよりは、できそうな時期に確実に予防することがいちばんだと言えます。

妊娠線ができる仕組みは、皮膚の伸びについていけない真皮および皮下組織の断裂でしたが、これを防ぐには皮膚の弾力性を高め、伸びをよくすることが必要です。そのためにまずやるべきことは保湿と、肌の弾力性を高める専用の成分でのケアです。妊娠中は肌が乾燥しやすくなるというのも妊娠線を作る1つの原因となっています。保湿効果の高いクリームで予防するというのはまず最低限行うべき対策と言えます。

また、妊娠線ができるのはお腹だけではありません。妊娠線を予防しようとしてお腹にクリームをぬって安心していたら二の腕や太もも、胸に線ができていた!という話はよく聞きます。これは妊娠中に肌が乾燥しやすいことに加えて、急激に太ってしまうケースが多いためですが、これを回避するにはできるだけ偏った食事を避けること、ウォーキングやマタニティスイミングなどで筋力アップに努めることが重要。また、栄養バランスに注意した食生活を送ることでホルモンバランスの乱れを防ぐことができ、その結果ターンオーバーが正常化して皮膚の再生を助けるという効果も期待できます。

口コミで評判の妊娠線ケアクリームTOP3
総合評価第1位
ナチュラルマーククリーム

肌なじみが良くベタつかない使い心地で抜群の保湿力を持つ妊娠線ケア専用のクリーム。新生児にも使えるほど低刺激。

総合評価第2位
オーガニックマドンナ ボディセラムスーペリア

ぬるだけで肌のキメとハリをキープすることができるオーガニック・天然由来成分を主成分とする高品質保湿クリーム。

総合評価第3位
クラランス ストレッチマーク ボディ クリーム

肌に潤いを与える植物由来の天然成分を豊富に含んだボディクリーム。妊娠線対策にはマッサージクリームとしても◎。

ページのトップへ