妊娠中にバストトップが黒ずむのはなぜか、おっぱいの黒ずみをケアする方法を調べまとめました!

妊娠中にバストトップが黒ずむのはなぜ?
おっぱいの黒ずみをケアする方法

妊娠中に乳首が黒くなるのはなぜ?

妊娠中に起こるバストトップの黒ずみが気になっている方は多いのではないでしょうか。これは妊娠中にホルモンバランスが変化することに関連して起こると言われています。

女性ホルモンにはエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類があります。妊娠するとこの2つの女性ホルモンの分泌量が激増するのですが、これらのホルモンはメラノサイトを刺激してメラニン色素を増やす働きを持っています。

メラニンとは通常強い日差しを浴びたときに生成され、肌細胞を紫外線から守る働きをしてくれるものですが、このメラニンが過剰に蓄積されると色素沈着が起こって肌の黒ずみやシミを発生させます。ワキや乳首、乳輪などはメラニン色素が集まる場所であるため、女性ホルモンが増えることでメラニン色素の体内量が増えると、普段よりも色素が濃くなる傾向にある、というわけなのです。

乳首の黒ずみをケアする方法

黒ずんだ乳首をケアするには、ビタミンC誘導体などの美白成分を含んだスキンケアアイテムや、黒ずみ専用のクリーム・ジェル・ピーリング剤などでターンオーバーを促す、といった方法があります。

ただ、妊娠中は特に肌が敏感になっているため、刺激の強いスキンケア用品の使用には十分注意してください。乾燥して敏感になっている肌のケアのためにいろいろな対策を施しているのに、逆に刺激を与えてしまうようなことはしないほうがいいでしょう。

妊娠中は初期、中期、後期と身体の状態がめまぐるしく変化していきます。ただでさえ初めて体験する身体の変化に驚くなか、突然乳首が黒くなるとショックを受けてなんとか対策を考えようとしてしまうと思います。しかしこれは妊娠による一時的なもので、出産が終わってホルモンバランスが通常の状態に戻ると乳首の色もキレイにもとに戻ります。妊娠中にだれもが通る道の1つなので、安心して出産後を楽しみにしていてください。

黒ずみが気になっても授乳はしっかりと

妊娠中のホルモンバランスの変化による乳首の黒ずみは出産後もとに戻りますが、お母さんにはこの後、赤ちゃんにおっぱいを飲ませるという大切な仕事が待っています。出産してやっと乳首の黒ずみがもとに戻る!と楽しみにしているところへ、赤ちゃんが強く吸ったりかんだりすることで乳首の色が黒いまま戻らないのではないか、と心配するお母さんもいるでしょう。

実際に、授乳すると赤ちゃんによって毎日赤ちゃんから受ける刺激に耐えられるよう乳首が黒ずむという説もあります。でもこれは赤ちゃんをこれからがんばって育てていくために身体が準備しているんだ、と前向きにとらえてください。断乳してしまえば乳首の状態は戻るでしょうし、仮に黒ずみが残ったとしてもそこからケアを始めれば十分に間に合います。

妊娠、出産、そして授乳、とお母さんの苦労は絶えません。しかし、その苦労を乗り越えてしっかり子どもを育てていけるよう、身体もそれに合わせて準備し、変化していっているのです。不安になることがたくさんあると思いますが、気持ちより先に身体が準備をしてくれているんだ、と思って慌てず受け入れていきましょう。

どうしても気になってしまう方は、探してみると産後のバストトップの黒ずみ専用の美容液などもありますので、そういったケアアイテムを使ってみてもいいかも知れませんね。ママ&キッズ(ナチュラルサイエンス)のビーアップホワイトなどおすすめです。

口コミで評判の妊娠線ケアクリームTOP3
総合評価第1位
ナチュラルマーククリーム

肌なじみが良くベタつかない使い心地で抜群の保湿力を持つ妊娠線ケア専用のクリーム。新生児にも使えるほど低刺激。

総合評価第2位
オーガニックマドンナ ボディセラムスーペリア

ぬるだけで肌のキメとハリをキープすることができるオーガニック・天然由来成分を主成分とする高品質保湿クリーム。

総合評価第3位
クラランス ストレッチマーク ボディ クリーム

肌に潤いを与える植物由来の天然成分を豊富に含んだボディクリーム。妊娠線対策にはマッサージクリームとしても◎。

ページのトップへ