妊娠線ケアはクリームとオイルどっちがいいのか、その違いを検証しまとめました!

妊娠線ケアはクリームとオイルどっちがいいの?その違いを検証

オイルとクリームの違い

妊娠線予防の対策として、ボディケアに良く使われるのはクリームやオイルですが、この2つにはどのような違いがあるのでしょうか。

そもそもオイル=油であり、その最大の役割は表皮に油の膜を作ることで水分の蒸発を防ぐこと。すでに体内にある水分が蒸発してしまわないようしっかりフタをするのがオイルの力です。つまり現状維持に最大の力を発揮します。これに対してクリームは水分と油分を混ぜて作られているため、現状で足りていない水分を補給し、その状態をできるだけ長く保つ力があります。

ひと言に「保湿力が高い」と言っても詳細に見てみるとこのような違いがあるんですね。つまり、使用する人の肌の状態によって最適なのはクリームかオイルかが変わってくるということです。では、それぞれの役割の違いを踏まえて、オイルとクリームのメリットとデメリットを見てみましょう。

オイルとクリームのメリットとデメリット

メリット デメリット
オイル ・保湿の持続力に優れている
・皮膚の温度を上げて皮膚の伸びをよくする効果が期待できる
・水分をあまり含んでいないため浸透力は低い
・ベタつき感が強い
クリーム ・水分の浸透力と保湿の持続力の両方を兼ね備えている
・ベタつきが少なく使いやすい
・種類が豊富で選択肢が多い
・テクスチャが固いものもある

オイルにもクリームにもそれぞれメリットとデメリットがあり、用途によって使い分けなければなりません。通常のスキンケアでは化粧水またはローションで水分を補給し、その後に油分を含むオイルで水分が逃げないようフタをする、というのが一般的な使い方ですが、水分をしっかり肌に与えた後、水分が逃げないようフタをして保湿力を持続させるという役割を一手に引き受けてくれるのがクリームです。

総合的に考えるとどっちがおすすめ?

オイル、クリームそれぞれの特性についてはわかってきましたが、では妊娠線予防を目的として妊娠初期から出産まで毎日使うことを考える場合、いったいどちらがよいのでしょうか。

妊娠線を予防するために最も必要なことは肌を保湿して弾力のある状態に保つことです。そのためケアアイテムに求めることは乾燥しやすい状態になっている妊娠中の肌をしっかりサポートする力。そう考えると妊娠中のボディケアとしては「水分補給」と「保湿力」の両方を兼ね備えたクリームのほうが向いていると言えるでしょう。

また、妊娠初期に訪れるつわりの時期は匂いに敏感になっています。オイルは比較的に匂いが強めのものが多いので、そういった意味でも無香料・無着色のクリームを選ぶといいと思います。さらに妊娠中は腹帯を巻くなどして蒸れやすく、乾燥によって肌がかゆくなりがちなので、テクスチャについてもできるだけベタつかないものを選びたいですよね。

様々な点を総合的に踏まえた上でオイルかクリームかという大きな2択で考えるならば、妊娠中のボディケアには断然クリームのほうがおすすめだと言えます。

口コミで評判の妊娠線ケアクリームTOP3
総合評価第1位
ナチュラルマーククリーム

肌なじみが良くベタつかない使い心地で抜群の保湿力を持つ妊娠線ケア専用のクリーム。新生児にも使えるほど低刺激。

総合評価第2位
オーガニックマドンナ ボディセラムスーペリア

ぬるだけで肌のキメとハリをキープすることができるオーガニック・天然由来成分を主成分とする高品質保湿クリーム。

総合評価第3位
クラランス ストレッチマーク ボディ クリーム

肌に潤いを与える植物由来の天然成分を豊富に含んだボディクリーム。妊娠線対策にはマッサージクリームとしても◎。

ページのトップへ