妊娠中にお腹がかゆくなる原因と対策、予防法について詳しく調べまとめました!

妊娠中のお腹のかゆみ!その原因と対策は?

妊娠中にお腹がかゆいのはなぜ?

妊娠中にお腹がかゆくなる原因は、肌が乾燥しやすくなっていること、ホルモンバランスの変化、そしてお腹が大きくなって皮膚が伸びることなどです。赤みを帯びていたり、湿疹ができたりする場合もありますが、見た目には何の変化もないのにがまんできないほどかゆい!ということもあります。

かゆみの種類はいろいろ 普段肌が乾燥してカサカサしたときにかゆくなるのと同じような皮膚表面のかゆみや、引っ張られたような感じでピリピリとしたかゆみ、あるいは皮膚の奥が痛がゆいような感覚もあります。これらがランダムに襲ってくる場合がほとんどで、個別に原因を特定するのは難しいと言えるでしょう。
かゆくなりやすい季節もある!? 特に空気が乾燥しやすい冬に臨月が重なると、お風呂上がりや寝る前のベッドの中など身体があたたまるとかゆみがひどくなる、という人もいれば、夏場にクーラーが効き過ぎて乾燥した室内にいるとかゆみが悪化したという人もいます。いずれにしても乾燥が大敵であることは間違いありませんね。

イライラ・ストレス・かゆみの悪循環

様々な要因が重なって起こる妊娠中のかゆみは重度である場合が多く、ついがまんできずに血が出るほどかいてしまった、寝ている間にかきむしったようでかさぶたになっていた、という例もあるほどです。妊娠中はただでさえホルモンバランスが乱れて精神が不安定になりがちですが、その不安は赤ちゃんにも伝わってしまいます。まずはお母さんがかゆみに苦しまないでリラックスできるよう、対策を考えてみましょう。

妊娠中のお腹のかゆみ対処法

とにかく保湿がいちばん

いちばんのかゆみ対策は保湿です。妊娠線対策としても有効なのでとにかく保湿には十分注意するよう心がけましょう。かゆい!と感じたときにはがまんせずにクリームをぬって、皮膚がしっとりとした状態に保たれるだけでかゆみはずいぶん解消されます。

衣服は肌にやさしいものを 妊娠中はホルモンバランスの乱れが原因で肌が乾燥しやすくなっているだけでなく、敏感肌にもなっています。普段使っているシャンプーや石けん、洗濯洗剤、あるいは化学繊維を使った衣類による刺激で肌が荒れてしまうこともあるでしょう。こうして起こった肌トラブルによってかゆみはさらに悪化します。天然の界面活性剤を使った洗剤や肌への刺激が少ないオーガニックコットンを使用した衣類を選ぶようにするだけで、肌ストレスはずいぶん軽減されるので、妊娠中は特に注意して天然素材を選んでみてください。
バランスが良く保湿力の高い食事を 実は、食事の内容も乾燥と関係しています。妊娠中は食べ物の好みも変われば、つわりによって極端に偏食になる時期もありますよね。しかしこの時期を過ぎたら、できるだけバランスの良い食事を心がけるほか、コラーゲンやビタミン類を多く摂取できるメニューにして身体の内側からうるおいを与えることも重要です。

それでもかゆいときには…

それでもどうしてもがまんできないかゆみに襲われたときは、氷枕のようなものをタオルで巻いてかゆい部分にあてます。お腹を冷やすのはあまりよくありませんが、短時間であればかきむしって悪化させるよりはマシです。あとはできるだけ気が紛れることをそれぞれ見つけられるといいですね。

口コミで評判の妊娠線ケアクリームTOP3
総合評価第1位
ナチュラルマーククリーム

肌なじみが良くベタつかない使い心地で抜群の保湿力を持つ妊娠線ケア専用のクリーム。新生児にも使えるほど低刺激。

総合評価第2位
オーガニックマドンナ ボディセラムスーペリア

ぬるだけで肌のキメとハリをキープすることができるオーガニック・天然由来成分を主成分とする高品質保湿クリーム。

総合評価第3位
クラランス ストレッチマーク ボディ クリーム

肌に潤いを与える植物由来の天然成分を豊富に含んだボディクリーム。妊娠線対策にはマッサージクリームとしても◎。

ページのトップへ